誰でも年を取るけど老化予防による食生活も大事

Bookmark this on Digg
Pocket

日本は世界的に見ても長寿国として有名であると考えることができますが、どれだけ長生きをすることができたとしても、最後の10年間はベッドで寝たきりでは味気ないですよね?

人によっては、何を以て幸せな人生だと判断するかの基準は異なってくることになるのかもしれませんけれども、やはり死の間際くらいまで元気に活動していくのが理想でしょう。

定年までしっかりと働いて、退職した後は好きなことをして悠々自適の毎日を過ごすというのが理想になってくるかもしれませんが、色々な行動をするのも大事になります。

これまでは社会でバリバリ元気に働いていた人が急にやることをなくしてしまったら、一気に老け込んでしまうということも言われていますし、趣味を持つのも必要かもしれません。

仕事だけが生き甲斐だった。ということになってしまったら突然あまりにも多くの時間を手に入れてしまって、結果として持て余してしまうということが見受けられもします。

今までできなかったことをやるぞ!なんて意気込んでいたとしても、一ヶ月で全てに満足してしまうことにもなってきてしまいますから、活動予定を立てるべきかもしれませんね。

さて、多くの人たちは老人扱いされることを嫌うものですが、見た目通りの年齢の人もいれば、えー!そんな年には見えないのに!というような人がいるので様々だと言えるでしょう。

昔から老け顔だと言われていた人は年を重ねることによって、顔が実年齢に追いついてきたということも言えるのですが、原因としてはそれだけだと考えることは難しいですよね。

気持ちが若いということも関係しているのですが、やはり大きいのは老化予防をしっかり行っているかどうかということになってくるので、皆さんも行ってみるといいかもしれません。

誰もが年を取ってくることになるので、決して恥ずかしいことはないのですが、それでもいつまでも昔のように見られたいと思っているのならば、老化をコントロールしていくことにしましょう。

そんなこと不可能に決まっているじゃないか・・・。なんていう風に諦めてしまっているようでは、ただただ流されるままに年を重ねていくだけなので、意識改革を起こしていってください。

長く生きたとしても何も良いことなんてあるはずない。ということを思ってしまうこともあるかもしれませんが、家族がいるのならば孫の成長を見守ることで幸せを感じることもできるでしょう。

若い時は頑丈で風邪を引いたことがないのが自慢ということもあったかもしれませんが、段々と身体というのは弱くなってくるものですから、いつまでも元気だと信じていてはいけません。

自分が病気に罹りやすくなってしまっているという現実はなかなか受けとめることができないかもしれませんが、きちんと現実を把握するということも長生きの秘訣ということになるでしょう。

身体の調子が悪いということを意識するようになっているとするのならば、一刻も早く病院にいって健康診断を受けるべきだということができますし、薬だって飲むべきでしょう。

世界中で自分だけが加齢によって体調不良になってしまうということでは決してないのですから、早めに行動を起こしていくことによって、健康状態を維持したまま生活を送れます。

自分はもう年寄りだから・・・。なんていう風に諦めてしまっていては、どんどん見た目も変わっていってしまうことになるので、まずは気持ちの面から若返ることにしていきましょう。

Bookmark this on Digg
Pocket